イヌリンでダイエットと血糖値抑制できる?

イヌリンという成分をご存知ですか?

菊芋やゴボウなどの根菜に含まれる多糖類で、糖質なのに人間の身体にほとんど吸収されないんです。

人間の腸管にはイヌリンを吸収する酵素が無いので吸収できないんだとか。

なので、イヌリンは糖質であるにもかかわらず「水溶性食物繊維」として扱われている珍しい糖質なんです。

水溶性食物繊維というのは、文字通り水に溶けるので胃の中でドロドロのゲル状になります。

このゲルが一緒に食べた食材の糖質や脂質を包み込んで、吸収を遅らせるんです。

人間の体は常にエネルギーを消費していますが、一気にたくさんの栄養が供給されると、一時的にエネルギー過剰の状態になってしまい、体脂肪が蓄積することになります。

食物繊維で包まれてゆっくり吸収されるということは、エネルギー供給もゆっくり長時間続くことになるので、同じだけのカロリーを摂ったとしても、エネルギー過剰の状態が起こりにくく、太りにくいと言うわけです。

イヌリンは他にも、腸内酵素の力によってフラクトオリゴ糖に分解されます。

このフラクトオリゴ糖は、腸内の善玉菌の大好物なんです。

これによって、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を良くする効果もイヌリンにはあるんですね。

こうした効果から、イヌリンは「スーパーフード」とも呼ばれ、いまダイエットだけでなく血糖値が気になる方にも、注目されているんです。
イヌリンを食事からたくさん取るのは難しいので、特に既に血糖値が気になっている方などは、サプリでの補給が推奨されています。

イヌリンには血糖値の上昇を抑える効果もあるので、将来糖尿病が不安な方などは、今からサプリをはじめて見てはどうでしょうか?
参照サイト:ルックルックイヌリンプラス