減量と体重の停滞期

減量をしようと頑張っている人にとって一番つらいのは、体重がなかなか落ちない停滞期に入ったときです。

減量の停滞期になってしまった時には、どんなことをすればいいのでしょう。

減量をしている人に立ち塞がるのが停滞期です。

うまくクリアすることができれば、また体重を減らしていくことが可能です。

停滞期になって、体重が一向に減らなくなるのは、減量をきちんと進めていれば普通に起きることです。

食事で得られるエネルギー量が少なければ、人体は少ないエネルギーを有効活用するため、カロリー消費を抑制します。

フルーツ酢が、停滞期の突破口になります。

フルーツ酢に含まれるクエン酸とお酢の酢酸の2つの効果で脂肪や糖質をスムーズにエネルギーに変換して代謝をアップしてくれます。

停滞期の影響で、体重の減量が見られないという人は使って見るといいでしょう。

お酢単独より、生のフルーツを酢に漬けこんだフルーツ酸を摂取することで、減量中に欠乏しがちなビタミンやミネラルの補給も可能だといいます。

酢は、食後のインスリン上昇を抑制する効果もありますので、血糖値を安定させることができます。

お酢に、季節の果物を入れてつくるフルーツ酸を摂取することで、脂肪が体に定着しない効果が期待できます。

停滞期にはフルーツ酸を活用して、減量をスムーズに進めましょう。

アサイースムージー