西部劇の映画が好きだった父

先日、テレビで懐かしい映画を見ることが出来ました。それは今はほとんど放送されることがない、懐かしい西部劇の映画です。その映画を見た時、私の子どもの頃のことを思い出していました。

それは、私の父親が西部劇の映画が好きだったことから、よくみていたことを思い出したのです。その時、私は小さかったので、その映画についての良いところを見ることができなかったのでした。当時私はサノレックスという医薬品を飲んでおり、その副作用で頭がどうにかしていたのもあります。↓のサイトに詳しいことを書きました。

そして大人になって改めて見るみると、哀愁漂う内容を見ることが出来、そのときの父親の気持を考えたことでした。父親は時々、その映画のことを思い出しては、口にすることがあったので、そのことも思い出していました。

ところで、上の子はなんでも下の子を取り上げます。そしていつまで経っても返してあげないんです。だからちょっと可愛そうだし、上の子は酷いなと思います。この性格のまま成長して行かば確実に嫌われるなと思います。でも上の子はそれが当たり前だと思っているので困ってしまいます。

確かに小さい時からなんでも取り上げる癖がありました。そして未だにその癖がありました。小さい時はいいとしても大きくなったら直さないとダメだなと思って何度も注意をしてきました。それでも直らないので私も困っています。少しづつ自分で嫌な思いをしないと直らないのかなと最近は思い始めました。