体重減少と疾患

体重減少の原因は、ストレスやダイエットなどによるものばかりではありません。

体重減少をするのは、病気などのトラブルが起きることがあるでしょう。

体重減少で真っ先にあげられる疾患に拒食症があります。

拒食症は肥満など太る事に対して、病的に怖くなってしまう病気です。


拒食症になれば、極端に摂取カロリーを減らしたり、食べたものを吐いてしまったりして、体重が増える事を極端に抑えようとする症状があらわれます。

下剤などを使って痩せようとする人も少なくないようです。

拒食症は体に害があると理解していても体重減少を続けるので、不整脈が原因で突然死をするようなケースもあるようです。

体重減少が起こる原因には、糖尿病なども挙げられます。

人はだれでも、食事をすると血糖値が上がります。

健康な体であればインシュリンが分泌されて、上がった血糖値を下げるのですが、糖尿病になるとインシュリンの働きが低下します。

糖尿病になると、のどが渇いたり、体重が減少することも起こります。

体重の減少を引き起こす原因として考えられる疾患は、慢性胃炎、胃がん、吸収不良症候群のほか、うつ病などいろいろなものが考えられます。

一概に体重が減少したから、何かの病気になっていると短絡的に考える必要はありません。

原因に心当たりがない体重減少が続いた場合は、まずはしっかりと状況を認識し、自身の体がどんな状況になっているかを確認するところから始めるようにしましょう。

酵素 断食 3日