豆乳ダイエットを実践するときのポイント

豆乳ダイエットを行うときに選ぶのは、なるべく無調整豆乳にしましょう。
豆乳には、無調整豆乳と調製豆乳があります。
ざっくり言ってしまうと、無調整豆乳は丸大豆をしぼって豆腐をつくる前の状態そのままのもので、調製豆乳は、丸大豆や脱脂加工大豆に調味料や食品添加物を加えたものです。
一見すると似たもののようですが、大豆の有効成分量などを比べると大きく違います。
JAS規格では、無調整豆乳の大豆固形分は8%、調製豆乳は6%と決まっています。
無調整豆乳のほうが、カロリー量が少なく、たんぱく質の量が多いですから、ダイエットをしたいという人には向いています。
より大豆固形成分が少ない飲料については、豆乳飲料という書かれ方がされています。
豆乳を飲む時間は、食前または間食にすればダイエットに効果的で、豆乳を飲む量は200mlくらいが適当です。
豆乳に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするため、摂り過ぎは体によくありません。
毎日ずっと豆乳を摂取するものと考え方上で、豆乳ダイエットはプランの想定がなされているものです。
イソフラボンを1日に摂取できる量の目安として、食品安全委員会が示している量は、70mg~75mgくらいとなっています。
無調整豆乳を飲んだ場合に、得られるイソフラボンは45mgほどだといいます。
飲み過ぎて体に不調を来さないようにするためにも、決まった量以上は飲まないようにしましょう。
豆乳だけでなく、納豆や豆腐など、イソフラボンを含む大豆製品の摂取をしているなら、無調整豆乳は200mlで事足ります。

新南陽市の初めての恋活パーティー